ブログを50記事、書いてみて分かったこと

ブログを50記事、書いてみて分かったこと ブログ

ブログを50記事書いてみた感想について知りたいYO。

記事更新を続けるためのコツを知りたい。

Mako.Press
Mako.Press

このような方の課題を解決できるような記事を今回は書きました!

これからブログを始める人にとって、記事を50本書くことを1つの目標にしている方は少なくないはずです。

この記事では

・記事更新するために必要なこと
・ブログを50記事書くとできること

この2点について解説していきます。

なお、この記事は以下の構成になります。

記事更新するために必要なこと

ブログを始めたはいいが続かない、、、

Mako.Press
Mako.Press

このような悩みを持っている人いますよね

ブログをせっかく始めても恐らく50本記事を更新することができる人は20%もいないのではないでしょうか。50本を記事更新するとなると、毎日更新でも2ヶ月弱でまったり更新する人では3ヶ月以上は掛かります。

私自身も何度も挫折しかけた経験があります。

ここでは私の経験上記事を更新するために必要なことについて紹介していきます。

明確な目標を決めているか

記事更新するために必要なこと

記事更新をするために、まず欠かせないことは明確な目標です。

Mako.Press
Mako.Press

以下の質問に即座に応えることはできますか

・ブログの目的は何か(収益化・認知)
・いつまでに何PVが欲しいか
・そのためには何記事を書く必要があるか
・いつまでに記事を書く必要があるのか

ブログで実現したいこと(目的)を明確化した後に、目的を実現するためには記事が何本必要なのか、そしていつまでに目的を実現したのかを考えることは記事更新するモチベーションを維持する源になります。したがって、上記の質問には常に即座に応えることができないとダメです。

記事更新することができずにドロップアウトしていく人を見ていると、「ただ何となく記事を書いている印象」があります。インフルエンサーに感化されてブログを開設してみたは良いものの、ブログを始めた目的を「自分の頭で」考えていないために惰性で続けて終わるパターンがこれです。

そうならないためにも、自分の欲求を起点に「ブログで何を実現したのか」を考えてから始めることが記事更新を続けるためには不可欠なのです。

記事のテーマを設定できているか

記事更新をしていくために、必要なことは記事のテーマ設定になります。

雑記系・特化系ブログの両方に言えることですが、これから書いていく記事のテーマを決めていないと記事のネタが底をつきます。また、記事のテーマは先ほど紹介したブログの目的とも大きく関係する項目になります。

ブログの目的が収益化であるならば、アフィリエイト単価の高い商材を記事のテーマにした方が売り上げを伸ばしやすい一方で、認知を目的としたブログならば自分の実績や強みが活かせるテーマを選定しなければなりません。

しかし、記事更新できない人は記事のテーマを決めずに、なんとなく惰性で記事を更新している人が多いです。これでは、自身が設定したブログの目的実現に近付くことはできないので面白いはずがありません。

ブログの目的実現から逆算した手段が記事のテーマになるという意識を持ち続けなければなりません。

ブログを50記事書くとできること

ブログを50記事書くとできること

次にブログを50本更新することでできることについて述べていきたいと思います。先ほど私が述べた項目を意識し続けることができれば、恐らく記事を50本書くことは容易いはずです。

私は記事を50本更新することで以下のような点で成長を実感することができましたので、これからブログを続けていく方のモチベーションに慣れれば幸いです。

Mako.Press
Mako.Press

初心者にとって50本の記事更新が最初の目標になると思いますので、下記の内容は参考になるでしょう。

ある程度のPVを得ることができる

ブログを50記事書くとできること
Googleアナリティクスより引用

50本の記事にSEOを意識すると、1日100pvくらいは目指すことができます。したがって、月3000pvくらいだったら記事を50本書けばいけます。

キーワード選定が上手い人だったら、恐らく1万pvくらいなら50本のタイミング到達することができるのではないでしょうか。裏を返せば、SEOやキーワード選定を考えないとPVは伸びないと思います。

ネタ探しが大変になる

先ほど、ブログを始める時にはブログのテーマを決めてから始めることをおすすめしましたが、記事を50本書いてくると流石にネタ探しが大変になります。

自分自身が常に行動しつつ、知識や経験をインプットする必要があります。熱意をブログに持っていくのではなく、趣味などのインプットに向けることがブログを長く続けるコツなのかもしれません。

私はブログに熱意を向けているために、インプット量が足りないと感じます。これからブログを始める人やブログを長く続けたい人は自分の熱意が何なのかを考えてみるといいかもしれません。

Mako.Press
Mako.Press

ブログを目的化してはダメです。ブログはあくまで手段であることを忘れないでください。

記事を書くのが辛くなくなる

ブログを50記事書くとできること

ブログを始めた当初は記事を書くのが苦痛でした。1つの記事に3〜4時間掛かりますし、その努力の割に内容の質が高くありません。

しかし、数をこなしてくると1つの記事を書くのが2時間程度に抑えることができるようになり、自分の型のようなものが分かってくるために記事を書くのが辛くなくなりました。

当初3〜4時間掛けていた記事と現在2時間程度で作成した記事では、質に関しては今の方が高いと思いますので、記事を50本書くことの効果は大きいです。

Mako.Press
Mako.Press

記事を書くことよりもネタを探すことの方が今は辛いですね。

定量的にブログを分析できるようになる

記事を積み上げていくと分析できる材料が増えてきます。

したがって、ブログを定量的に分析できるようになります。ブログを始めた当初は数少ない記事でしか分析をすることができませんでしたが、50本記事を積むことで読まれる記事と読まれない記事、SEOが高い記事・低い記事を分析できるようになります。

この分析材料が増えることで、今後ブログの施策を考えることができます。

ちなみに私は以下の3つのツールで記事を分析しています。

・ランクトラッカー
・グーグルサーチコンソール
・グーグルアナリティクス

Mako.Press
Mako.Press

正直、記事の分析ではこれだけで十分過ぎます。

まとめ

ブログ頑張れそうな気がしてきたわ。

さっそく1本記事投稿したYO

Mako.Press
Mako.Press

皆さんをモチベートすることができたのなら嬉しいです。

この記事では「記事更新を続けるために必要なこと」から「ブログを50記事書くとできること」についてお伝えしてきました。

ブログを始めている時点であなたは優秀な方です。興味を持ってすぐに行動に移せる人は全体の10%くらいでしょう。行動する勇気を持ったあなたに次に必要なことは継続です。

Mako.Press
Mako.Press

私もまだまだブログに関してはビギナーです。
一緒に頑張っていけたら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました