社会人こそOB訪問すべき時代の到来?社会人同士でOB訪問を行うメリットとは。

息抜きコンテンツ

この記事では、一般的に「学生の就職活動」とイメージされるOB訪問とは全く別の、社会人同士のOB訪問について解説しています。社会人同士でOB訪問をするメリット、どうやって社会人がOB訪問をすれば良いのかについて解説していきます。

したがって、

社会人同士でOB訪問ってできるものなの?

そもそも、社会人が行うOB訪問って何?

Mako.Press
Mako.Press

このような方に向けて記事を書いております。

OB訪問は学生だけのものではない?

OB訪問って学生だけがやるものじゃないの?

Mako.Press
Mako.Press

私もこれまではOB訪問は学生のためのものだと思っていました。

多くの社会人は下記のようにきっと思っているはずです。

OB訪問って学生のためのものじゃないの?

私もこれまではあなたと同じように感じていました。

また、社会人がOB訪問をすることについて、イマイチ理解できませんでした。

しかし、キャリーナ(CREEDO)という「社会人向けのOB訪問サービス」を利用してみてから、社会人同士がOB訪問をするイメージが何となく理解できるようになりました。

このサービスでは、学生が社会人に対して仕事・業界を理解するために行うOB訪問を、社会人に当てはめております。

他業種・他業界について気になる社会人が、該当する社会人を見つけて実際に業務内容・仕事について話を聞くというプロセスが社会人向けのOB訪問の全体像となっています。

具体的な内容については後ほど解説していきます。

社会人のOB訪問ってどんなこと?

社会人におけるOB訪問とは、気になる社外の人とキャリアについて相談することを指します。

学生が社会人に対して行うOB訪問を「社会人同士で行う」、非常にシンプルです!

学生が社会人に対して行うOB訪問では下記のような目的が多いですが、

  • 興味のある会社の社員に内情を聞く
  • 働く社員のキャリア観について知る
  • 自身の就活軸を強固にする

これらと全く同じことを、社会人が社外の社会人に対して行う。

これが社会人のOB訪問です。

したがって、社会人のOB訪問では

  • 転職したい会社の社員に内情を聞く
  • 社外の社員のキャリア観について知る
  • 働く上での軸を再確認する

これらの目的で社会人はOB訪問を行うのです。

これまで社会人は転職やキャリアについて相談をするためには、転職サイトなどに登録をして話を聞かなければなりませんでした。しかし、本気で転職は考えていないけど、社外の職場環境・キャリアについて考えたいと思うこともあるでしょう。

そのような時に、転職サイトに登録するのは躊躇するはずです。

このように転職は考えていないけど社外の人から仕事についての話を聞きたいという状況で、今後主流になっていくツールが「社会人のためのOB訪問」だと私は考えます。

社会人がOB訪問を行うメリット

TOEICは就活に必要なのか

社会人がOB訪問を行うメリットは大きく2つあります。

私自身、先述したキャリーナ(CREEDO)という「社会人向けのOB訪問サービス」では、下記の2つのメリットを感じて登録することを決めました。

キャリアについて考える機会の獲得
社外の人と人脈を築くことができる

この2つになります。

では、詳しくみていきましょう!

キャリアについて考える機会の獲得

1つ目の社会人がOB訪問を行うメリットは、キャリアについて考える機会の獲得になります。

日頃、働いている中でキャリアについて振り返る機会は少ないはずです。

キャリアについて振り返るタイミングと言えば、マネージャーや人事との面談くらいでしょう。

しかし、そのタイミングで自分のキャリアを正直に話すのは勇気がいる行動だと思います。私は将来的に起業することを視野に入れているので、自分のキャリアについて正直に話すことは会社への裏切りと捉えられてしまうかもしれません。

一方で、転職する気がそもそもないのに、転職エージェントなどのキャリア相談に行くのも違うなぁと思います。

そう考えてみると、社会人がキャリアを考えるための手段はほとんどないのです。

そんな時に、社会人のためのOB訪問は非常に丁度いいのです。

このOB訪問では、転職を前提としたキャリア相談ではないので、気楽に登録できます。

また、赤の他人なので気兼ねなく、話すのが恥ずかしい夢や将来について話すことができるはずです。

これが、メリットの1つ目の自身のキャリアについて考える機会の獲得になります。

社外の人と人脈を築くことができる

2つ目のメリットは、社外の人と人脈を築くことができるです。

いつも同じような人と、同じような会話をしていて発見が少ない。

あなたも一度はこのように感じたことがあるでしょう。

私はこの事実を否定する気は全くありません。

しかし、もっと社外の人と交流をもった方が生活が楽しくなるのではないのかなと思います。

私が以前読んだ入社1年目の教科書にも、こう書いてありました。

・仕事に関係のない人とランチをせよ
・社内の人とは飲みにいくな

本書の主張としては、今の仕事を別の角度で理解できるようになったり、視野を広げるために社外の人と交流することを推奨しています。

関連記事
入社1年目の教科書の感想について社会人1年目が解説します。

 

 

とはいえ、社外の人と関わる機会は非常に少ないです。

だからこそ、いつも同じ人といるわけなので。

そこで、私はOB訪問を行うことをおすすめします。

若手社会人など能力・実績をアピールすることができない社会人にとって、単なるビジネスマッチングでは話すことが限られてしまいます。

しかし、OB訪問はキャリア相談が前提にあるので、誰でも気軽にコンタクトを取ることができるはずです。

このような点は社会人のOB訪問の大きなメリットになるのではないでしょうか。

Mako.Press
Mako.Press

副業やスカウトなどの思いがけない出会いがあるかもしれませんよ!

どうやってOB訪問すれば良いの?

OB訪問の概要・メリットは理解した。
どうやったら始めることができるの?

Mako.Press
Mako.Press

今から解説しますね。

社会人向けのOB訪問サービスは、キャリーナ(CREEDO)というサービスがあります。

正直、このサービスについて知らない人の方が多いと思います。

私も友人からおすすめされるまでは存在を知りませんでした。

しかし、このサービスは下記のようなハイキャリアと呼ばれる企業に所属している社員の方々には使われているようです。

また、私は実際にこのサービスを利用しましたが、個人情報を抜かれて求人サイトから鬼のようなメールが来るということもありません。学生時代に某人材サービスに登録してメールボックスが求人メールだらけになったことがあるのですが、CREEDOではそのようなことはありませんでした。(〇〇タスとは大違いです笑)

流行り始める前の今が、このサービスを始める良い機会かもしれません。

このサービスについては別の記事で過去に解説しているので、興味のある方は読んでいただけると幸いです。

関連記事
ハイキャリアこそ、CREEDO(クリード)を登録した方が良い理由

イケてる社会人におすすめなサービス

最後に、この記事を最後まで読んでくださった視座の高い若手社会人に向けて、私が日頃から実践しているサービスについて4つ紹介していきたいと思います。

どのサービスも必ずあなたのパフォーマンスと視野を広げるのに役立つはずです。

Kindle Unlimited

1つ目のサービスはAmazonが提供しているKindle Unlimitedというサービスになります。

このサービスはサブスクリプション型のサービスで月額たった980円で本が読み放題の夢のようなサービスとなっています。

業務外で仕事に関する勉強をしていると想像以上に出費が出ます。単純計算で月に1冊以上のビジネス書を読む人・これから読もうとしている人は、このサービスを使わない方と結果的に赤字になります。

あえてデメリットを上げるならば、名作の書籍が多く、少しニッチな学術書は対象外であることくらいです。 流行りのビジネス書のカバー率は高いので、ビジネスマンには問題ありません。

ちなみに、現在このサービスは初回のみ30日間の無料体験ができるのでぜひ気になる方は登録してみてください!既にAmazon会員の方はワンクリックでスタートできます!

Audible

次に紹介するおすすめサービスはAudibleというオーディオブックのサービスになります。

このサービスはどうしても読書に抵抗感のある人や読書に時間を割くことができない忙しい方にはおすすめのサービスです。

私もAudibleを利用しているのですが、通勤時間中・ジムでの有酸素中にビジネスの知識をインプットできるのは非常に先進的だと感じています。

隙間時間を無駄にしたくない優秀なビジネスマンから読書が苦手な人、幅広い人に刺さるサービスです。

とはいえ、私はKindle Unlimitedのほうが好きなのでAudibleは移動中にしか使っていません。

こちらのサービスもKindle Unlimited同様に無料キャンペーンを行っています!

気になる方はぜひ1ヶ月間の無料体験をしてみてくださいね

キャリーナ(CREEDO)

3つ目に紹介したいのは、「社会人のためのOB訪問」というコンセプトのキャリーナ(旧名:CREEDO)というサービスです。先ほど解説したサービスです。

このサービスは社会人なら誰でも無料で利用することができる「人脈を広げるためのビジネスマッチングサービス」になります。その中でも、キャリーナはキャリアに焦点を当てているため、他のビジネスマッチングサービスとは異なり、自分にスキル・経験がなくても手軽につながることができます

個人的には、イエンタよりもおすすめです。イエンタは自分からアプローチできる社会人の数が少ないので、気になる業界・会社の人と簡単にはマッチできない印象です。

たくさんの人と交流をして視野を広げておきたい思っている人は確実に使った方が良いサービスです。

このサービスについての記事
ハイキャリアこそ、キャリーナ(CREEDO)を登録した方が良い理由

メンターズ

最後に紹介したいには、メンターズという月980円からキャリア相談を行うことができるサービスです。

無料で行うキャリア相談とは異なり、メンターズでのキャリア相談はお金が掛かってしまうのですが、転職を促される心配はありません

つまり、転職させることが収益ポイントである転職サイトなどのキャリア相談とは異なり、月額のメンターズは中長期的な目線でキャリア支援を行ってくれるサービスです。

キャリア支援をしてくれる人は、戦略コンサルで活躍されていた方や大手企業で事業責任者をしていた方などビジネスの最前線で活躍をしていた方が担当してくれます。

そういった人の話を外食ランチを一度我慢するだけで聞くことができます。

これを安いと思うか、高いと思うか。あなた次第です!

今の会社でのキャリアに不安がある方は1ヶ月だけでも試してみる価値は十分にあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました