【オンライン英会話】DMM英会話を10000分続けてみた感想

DMM英会話

この記事ではDMM英会話を10000分続けてみた感想について述べていきたいと思います。

DMM英会話を始めてから200日、やっと合計学習時間が10000分にまで到達することができました。

10000分は私にとって大きな節目でもあるので非常に満足しております。

Mako.Press
Mako.Press

毎日続けてきて本当に良かった!

Mako.Press
Mako.Press

やるやんワイ。

この記事では、DMM英会話を200日間毎日続けて10000分に達成したことで「私が得られたこと」、「得られなかったこと」について解説していきます。

したがって、本気でオンライン英会話に挑戦しようと思っている方には参考になる内容なのではないかと思います。

はじめに

私のDMM英会話の過去の変遷は下記のようになります。

Mako.Press
Mako.Press

1000分ごとに当時の感想を記事にまとめていますので、気になる方は読んでください。

DMM英会話 学習の記録
  • 2020/08/02

    7月の中旬からスタートして、感動の1000分突破です!英文のストックを増やすために、アマゾンで評判のなるほどフレーズを始める。

  • 08/22

    元々、英語が全く話せない私にとって成長を日々実感する期間でした。

  • 09/12

    3000分くらいまではマンネリ化することなく、変化を感じることができました。ポレポレ英会話を始める。

  • 11/03

    徐々に成長速度が落ちてきたのが体感します。1000分では大きな変化を感じることができないため、記事更新のペースが落ちました。

  • 11/30

    DMM英会話が生活の一部になっているため、英会話へのストレスが完全になくなりました。

  • 12/20

    英語学習への慢心が原因でスランプに陥る。スランプ克服のためにどんどん瞬間英作文を始める。

  • 2020/01/08

    英語が徐々に楽しくなってくる。リスニング能力が飛躍的に向上。仕事の会話も分かるように。

  • 01/28
    DMM英会話10000分達成

    こちらについての解説が今回の記事になります!

初期の学習と比較して最近の学習では、もはや生活の一部にDMM英会話が組み込まれてしまったために、良くも悪くも英語学習への成長を感じにくくなっております。

現在、DMM英会話をはじめてから200日間、毎日2コマの授業を継続することができております。

9月くらいからはDMM英会話だけなく、英語学習の一環としてポレポレ英会話シャドーイングなどもスタートしております。英文解釈力やリスニングなどの総合能力が英会話には求められるので、これらも尚継続中です。

また、去年のクリスマスから「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」という参考書を購入して、英文のストックを増やすことに挑戦しています。

なるほどフレーズとどっちがおすすめ?

Mako.Press
Mako.Press

私はなるほどフレーズよりもどんどん瞬間英作文の方が気に入っています。

 

どんどん瞬間英作文はシンプルなレイアウトで、書籍のコンセプトも私好みの「とにかく数をこなして慣れよう」というものであるためです。

なるほどフレーズは、英文を暗記するよりも丁寧に理解して覚えるというコンセプトです。

 

つまり、好みの問題ですのであなたの価値観に合う参考書を使うことをおすすめします。

この記事の対象者について

私の記事は軽い気持ちで英語を始めようとしている人にはおそらく合わないような記事になっていると思います。

Mako.Press
Mako.Press

英語学習を継続することは想像以上に面倒臭く、中途半端に始めるくらいならやらない方が良いと私は思っているためです。普通に半年から1年近くの期間で続けないと結果を感じにくい学習です。

1日たった30分で英語が話せるようになりたい!

気ままに英語を勉強したい

など英語学習を片手間で行おうとしている人は参考になりません。
そのような方は私以外の方のブログを見ることをおすすめします。

私の記事の対象者は英語がどうしても必要な環境に追い込まれていて、何としても英語を身につけなければならない人や強い覚悟を持った人になっています。

Mako.Press
Mako.Press

英語学習は辛くも時に楽しいものでもありますので、そのような方の支えになれればと思ってこの記事を書いております。

 

私は必要に迫られて英会話を始めた人間ですので、そのような方のお力に可能な限りなりたいと思っております。

 

 

 

これまで少し厳しい内容を書いてきましたが、DMM英会話はなんだかんだ楽しいのでテキストで学習する英語よりも容易に続けることができると思います。

このように毎日何かしらの発見や気分転換にもなっているのが、DMM英会話を含めたオンライン英会話の魅力かもしれませんね。

特にDMM英会話に関しては、定期的に下記のように半額キャンペーンを行っているので初心者が最初に始めるサービスとしては良いと思いますよ!!

参考記事
DMM英会話を毎日できない理由と対策を解説します。

どのような学習を行っているのか

以前の記事、DMM英会話を8000分続けたでも述べたように私は主にデイリーニューステーマ別英会話という2つの教材を使用しています。

この2つの教材を使うことが私にとってベストだと気付いてからずっとこの方法は変わりません。かれこれ、4〜5ヶ月以上この方法でDMM英会話を学習しております。

デイリーニュース

デイリーニュースは主に「語彙力の強化と発音を矯正する」ために活用しています。

前半のvocabularyのパートで講師の方の発音を必死に真似ることで、徐々に日本人特有の片言英語から少し英語ができる感じの発音に変化させることができます。また、このパートでは類義語(Synonyms)がどのような状況で使用するのがベストなのかなどを聞くことで背景知識を増やすことができるので私は気になった単語に関しては質問をして深める努力をしています。

後半の本文音読に関しては、英語構造を音読しながら理解することを心掛けています。最初は音読しながら内容を理解することは難しかったのですが、毎日やっていくと流石に慣れてきます。最近では、文章構造の理解に加えて発音を前半パート同様に注意して音読しています。

テーマ別英会話

テーマ別英会話は、自分のストックしている単語、英文を表現するための絶好の場所です。

このテーマ別英会話の時間を使って、自分が頻繁に使用するフレーズや単語を体に染み込ませましょう。私はこうすることで徐々に英語表現を広げていきました。シャドーイング・ポレポレ・仕事で使われたフレーズをそのまま最初は使うだけでも大丈夫です。

1度でも自分で新しいフレーズを使ってみようとするだけで、新しいフレーズから使用したことがあるフレーズに変化して今後も使えるようになりますよ!

Mako.Press
Mako.Press

自分の使えるフレーズを広げるために、どんどん瞬間英作文を使用しております。

DMM英会話を10000分続けた感想

2021年1月28日にやっとDMM英会話10000分まで毎日2コアを200日間続けることができました。200日間、つまり半年間以上毎日DMM英会話を2コマ行っている計算になります。

なんで毎日2コマも受講しているの?

少し高いのでなんで?

Mako.Press
Mako.Press

その理由を待っていました!

下記の記事でめちゃくちゃ詳しく書きましたので読んでみてください。

参考記事
DMM英会話は一日2回プランを確実に利用したほうが良い理由

では、10000分続けてみた感想について具体的に解説していきます!!

10000分続けて得られたこと

DMM英会話を10000分続けて得られたことは下記の通りになります。

  • リスニングの抵抗感がなくなる
  • 簡単な英会話はなんなくできる
  • 英語を翻訳せずに理解できる

このような結果となりました。

リスニングスキルに関しては9000分を超えた辺りから急激にできるようになったと記憶しております。それ以降も衰えることなく、安定して英語を耳で理解できるようになったと思います。現在では講師との会話の90%以上は理解できます。

リスニングスキルと並行してスピーキングスキルも大きく成長したと感じます。リスニングができるようになると、英語を理解する際の解像度が高くなるので必然的に文章構成や語彙力が向上するようになるためです。その結果、簡単なトピックでは流暢に英会話することができるようになりました。

最後の「英語を翻訳せずに理解できる」はDMM英会話のおかげで身についた一番の成果であると思います。

DMM英会話でデイリーニュースの音読とディスカッションを講師の方と毎日続けたことで、英語を英語のまま理解できるようになりました。

10000分続けて得られなかったこと

DMM英会話を10000分続けて得られなかったことは下記の通りになります。

  • ネイティブアクセントの獲得
  • 専門的なトピックでの英会話
  • カジュアルな表現
Mako.Press
Mako.Press

一方で、10000分では得ることができなかったこともあります。

特にアクセントに関しては全くと言っていいほど成長することができませんでした。

日本人特有の発音のまま話してしまう習慣がついてしまっているためなのか、意識していてもなかなか改善することができませんでした。少なくともあと半年は必要な項目であると感じております。

次に成長することができなかったことは、主に表現についてになります。

専門的なトピックでの会話については、語彙力とそのトピックを英語で会話した経験の少なさが原因で現状では流暢に話すことができません。カジュアルな表現に関しても同様のことが言えます。オンライン英会話では、自分が意識的に苦手なトピックや表現を講師に話しかけていかないと成長することができないので注意が必要ですね。

DMM英会話をお得に始める方法

最後にDMM英会話をお得に始める方法について解説していきたいと思います。

この方法を活用すれば無料でレッスンを受ける回数を2回から13回に増やすことができます。私もこの方法でDMM英会話を有効的に利用しています。

3ステップありますので、それぞれについて解説していきます。

カカクコム経由で申し込みを行う

カカクコム経由でDMM英会話を申し込むと、無料体験レッスンが通常2回から10回に増やすことができます。

カカクコムに情報提供する必要もありません。ただ、DMM英会話を登録したのちに「カカクコム経由で申し込むをしました」とお問い合わせをするだけでOKです。

Mako.Press
Mako.Press

1分程度でできる作業なので絶対に行いましょう!

お友達紹介コードを利用する

次のステップは、お友達紹介コードを利用することです。

お友達紹介コードを利用すると先ほどの10回の無料レッスンからさらに3回無料レッスンを増やすことができるようになります。

知り合いでDMM英会話を始めている方は知り合いから紹介コードを聞くのもいいですし、知り合いがいない場合はぜひこちらのコード(843228287)を利用してください。

初月割引のキャンペーンを利用する

最後のステップは、初月割引のキャンペーンを利用することです。

先ほども述べたようにこのキャンペーンは非常にお得です。このキャンペーンで始めない理由はありません。

とはいえ、実際に利用してみないと本当にDMM英会話が良いサービスなのかも分からないと思いますので、先の2ステップで手に入れた無料レッスンチケットを利用して3日間、無料でレッスンを受けてみることをおすすめします。

Mako.Press
Mako.Press

私もこの方法でDMM英会話を始めました!!

キャンペーンは上記のバナーから参加することができますので、新規登録者の方はお急ぎの参加をおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました