新入社員が伝説の新人をどこよりも詳しく要約してみた。

新入社員が伝説の新人をどこよりも詳しく要約してみた。 息抜きコンテンツ

この記事では「伝説の新人~20代でチャンスをつかみ突き抜ける人の10の違い」を新入社員が要約をしました。前半では全体の要約・感想を後半では各章ごとの要約を行いました。

どこのサイトよりも詳しく詳細にまとめましたので、ぜひ読んで頂けると幸いです。

下記のような方におすすめの本です。

・新入社員
・意識の高い大学生
・転職などで職場が変わる若手社員

忙しい人向け:要約・感想

忙しい方はこちらの要約・感想を読むだけで内容を簡単に知ることができます。

後半は各章ごとの要約になっており、詳しく本書の内容を知りたい方向けです。

忙しい人向け:要約

この本は、伝説の新人になるためには圧倒的なオーナーシップを持つことで生まれる行動力と視座の高さから、仕事に取り組むことで常に期待値を超えることができ、大きな仕事をつかみやすくなるということがエッセンスであると私は解釈しました。

一方で、新人は他人からの好かれ方や学ぶ姿勢によって仕事を任されやすい状態を作っておくことを著者は述べております。

以上がこの本全体の簡単な要約になります。

忙しい人向け:感想

私は冒頭にも述べましたが今年4月に入社をした新入社員です。新入社員がこの本を読んだ時にまず最初に感じたことは、当事者意識と解釈力(三・六章)の重要性についてです。

当事者意識に関しては、大手企業に勤めている人にこそ必要なマインドであると感じました。大手企業に勤めている人は分かると思いますが、組織が大き過ぎるために当事者意識が薄れて自分の仕事内容に意味を見出すことができないことが多々あるはずです。このような時に当事者意識を持つことで、主体的に仕事を取り組めるようになると感じます。

解釈力に関しては、私は希望の配属先でなく腐りかけていた時にこの解釈力という内容を読み気持ちを新たにすることができました。会社員、特に新入社員の多くは自分で仕事を選べる立場にありません。そのような時こそ解釈力を持ち、肯定的に解釈して自らをモチベートすることができたら仕事が楽しくなると思いました。

以上が私の読了後の率直な感想ですが、他にも大変有益な内容が書かれております。

Mako.Press
Mako.Press

下記の要約を参照して興味を持ったら購入することをお勧めします。
新入社員の方には必読書であると私は思います。

各章ごとの要約

この記事では本書の各章の要約について述べていきたいと思います。

気になる内容があれば本書を購入して読むことをおすすめします。要約であるため、断片的な内容にしか触れておりません。

第一章 伝説の新人はスタートが違う

伝説の新人になるためには、スタートダッシュを行いチャンススパイラルに入る必要があります。

チャンススパイラルとは、1度のチャンスをきっかけに多くのチャンスを得やすくなるスパラルのことを指します。人は一度挑戦したことがある経験者に仕事を任せたくなるもので、仕事はこのような実績のある人・やる気がありような人に集中してしまうのです。

したがって、チャンススパイラルに入るためにスタートダッシュを切る必要があります。スタートダッシュを切るためには自らが手を挙げて仕事をもらいにいく姿勢、バッターボックスに入ろうとする姿勢が大切なのです。

また、常に手をあげる一生懸命な姿勢で仕事に取り掛かる習慣が早期のうちにできると慣性の法則が働き一生懸命が当たり前になります。この高い基準の当たり前を獲得するためにも新人の時からバッターボックスに入ろうとする姿勢は大切なのです。

第二章 伝説の新人はチャンスのつかみ方が違う

仕事はふさわしい人に流れているため、大きな仕事を任されるためには自分の価値を上げる必要があります。

大きな仕事を任されるために新人ができることは、任された仕事の期待値を常に超えることです。任された仕事の期待値を超え続けることで上司は新人に大きな仕事を任せてくれるようになります。

どのような仕事であっては、頼まれた事は試された事と解釈して期待値を超えるように努力しなければなりません。

第三章 伝説の新人は当事者意識が違う

伝説の新人になるためには当事者意識を持たなければなりません。

言われた仕事をこなしているだけでは突き抜けることは絶対にありません。自分が会社の代表という意識を持って仕事に取り組む必要があります。この本では、当事者意識を以下のように定義しています。

自分の所属するチーム・組織・コミュニティの問題や自分に関係する顧客や業界の問題を自らの問題として捉え、主体的・自律的に知恵を出し、問題発見や問題解決に向けて本気で行動しようとする意識

本書より引用

当事者意識を持つことで工夫やアイディアを生むことができるだけでなく、問題解決力を磨くことができます。伝説の新人になるためにはいずれも欠かせないはずです。

第四章 伝説の新人は目標設定が違う

伝説の新人になるためには、与えられた目標は200%の達成を最低目標として臨まなければなりません。

この大きな目標を達成するためにはBIG WHYによって目標に意味を見出すことが必要になります。また、目標を他人に宣言をすることで自分自身を追い込むことで何がなんでも目標を達成しようとする姿勢も持つことができるようになります。

第五章 伝説の新人は時間の使い方が違う

時間を緊急度と重要度に分け、重要度が高く緊急度の低い事象に取り組むことが大切です。この内容を下記の図に纏めました。

重要度が高く緊急度の低い事象に取り組むためには締め切りを設けるなどして自己管理が不可欠になります。

また朝の時間の活用や時間ごとの隙間時間の活用方法などを改める必要があります。

第六章 伝説の新人は解釈力が違う

解釈は自分でコントロールできる数少ない事象です。この解釈を活かすことで伝説の新人になることができます。

目標を達成できない理由を探すのではなく、達成できる理由を探すことで解決の糸口を見つけることができます。また、解釈力を磨くためにも視野の異なる先輩社員などから意見を貰うこともおすすめです。

解釈を鍛えることで、当事者意識に活かすことができます。物事を抽象化し解像度を下げていくことで当事者意識の範囲を広げることができるのです。また、広い範囲で当事者意識を持つことはモチベーションにつながります。

第七章 伝説の新人は好かれ方が違う

他人から好かれるだけで仕事の任され方は変わります。

好かれるためには相手が喜ぶかどうかを基準にした行動を心掛ける必要があります。そのためには、自分が嬉しかったことを思い出し、自分がされて嬉しかった行動を他人にも行うことが大切です。

他己満足の精神が人生を成功に導くのです。奪う人ではなく与える人になりましょう。新人であっても少しの気遣いによって与える人間になることはできます。

第八章 伝説の新人は伝え方が違う

能力があっても伝え方が悪ければ仕事が任されません。

そもそも、伝えようとするのではなく伝わるように努力することが大切なのです。つまり、受け手の視点から話す内容を考えて伝えることが必要なのです。

一度、自分の会話や文章を冷静に見てみましょう。自分の伝える力の低さを知ることができるはずです。

第九章 伝説の新人はスキルの盗み方が違う

自分なりのやり方で仕事をするのではなく、優秀な人の仕事を徹底的に真似ることが大切です。

守破離の守を意識した仕事を新人は行う必要があります。また、仕事に関して理解できない点は粘り強く聞く聞く姿勢も欠かせません。粘り強く聞く姿勢を持つことで、自身の理解を深めるだけでなく本当は聞くことができなかった事実を聞き出すきっかけにもなります。

第十章 伝説の新人は読書力が違う

新人は週1冊は本を読み、アウトプットすることを心掛けましょう。

読書をすることで会話の質を上げることができ、会話の質は仕事の機会を生みます。特に新人は上司から知識があると思ってもらうだけで仕事を任させてもらえます。

おすすめの読書の方法

・生き方・働き方の土台となる本を読む
・テーマを絞り、似たジャンルの本を読む

さいごに

この本のリンクはこちらになります。

こちらでは書籍紹介を行っておりますのでぜひ読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました