TOEICは就活に必要なのか?最新の事実を踏まえて解説します。

TOEICは就活に必要なのか TOEIC

みなさん就職活動に向けてTOEICを頑張っていますか?

就活と言えば、TOEICだYO!

TOEICってぶっちゃけ意味なくね?

TOEICと就活に関する見解は就活生でも様々です。

Mako.Press
Mako.Press
この記事では実際にTOEIC800点以上を持っている私が就活におけるTOEICの必要性について解説していきます。

TOEICは就活に必要なのか

TOEICは就活に必要なのか

そもそも、TOEICとは日常生活やグローバルビジネスにおける活きた英語の力を測定する、世界共通のテストになります。

「聞く・読む力を測る TOEIC® Listening & Reading Test と、話す・書く力を測る TOEIC® Speaking & Writing Tests により、4技能(聞く・読む・話す・書く)全ての英語コミュニケーション能力がわかります。」と公式HPには記載されています。

TOEICの特徴は以下の3つになります。

・合否ではなく、スコアで評価
・グローバルスタンダードとして世界約160カ国で実施
・実際のコミュニケーション能力を評価

日本以外では韓国でもTOEICは就職活動で必要とされており、TOEIC関連の参考書は韓国の方が日本よりも充実している印象を受けます。なお、韓国の就活時に求められるTOEICのボーダーは日本よりも高いです。

就職活動に必要とされるテストは一番左の TOEIC® Listening & Reading Testです。990点満点のテストで就職活動では一般的に700点以上のスコアを取ったら履歴書・ESで評価をされると言われています。

下記のグラフにはTOEICが就活で一定の評価を受けることができると説明されています。

採用時に50%以上の企業はTOEICを判断材料としており、新入社員に期待するスコアは535点となっているので、TOEICは就職活動に活かすことができると言えるでしょう。

選考にTOEICが必要な企業とは

選考にTOEICが必要な企業とは

TOEICは一般的に就職活動や転職活動において見れらるケースが多く、特に海外との取引がある総合商社やメーカーには昇進時にTOEICのスコアが求められることがあります。

昨年の私の就職活動では友人の話を含めて選考中にTOEICのスコアが求められる企業はありませんでした。

Mako.Press
Mako.Press

TOEICの点数が足りないことが理由で内定を貰えないことはないということです。

参考までにメガバンク・証券・食品メーカー・外資ITなどに内定した友人は選考中にTOEICの点数を求めらることはなかったと言っておりました。

 

 

この事実を踏まえて、下記がTOEICが就職・転職時に必要とされる企業の例になります。このデータは古いのであくまで目安として活用してください。

ここで記載されている楽天に関しては、現在TOEICのスコアが800点以上であることが新卒社員の入社時のボーダーとなっております。横浜ゴムに関しても新卒採用時にはTOEICの明確なボーダーは求められていません。(横浜ゴムHPより引用

但し、この表で記載されている企業が英語力を重視していることは否めませんので注意が必要です。

あまり内容を当てにすべきではありませんが、参考にはなりますので気になる方は下記の記事をご覧ください。

入社までにTOEICを必要とする企業

じゃあ、マジでTOEIC必要なくね?

Mako.Press
Mako.Press

入社までにTOEICが必要な企業はあるんですよね、、、

この記事では入社までにTOEICが必要とされる企業を2社取り上げて紹介していきます。

・デロイトトーマツコンサルティング(DTC)
・楽天

外資系コンサルティングファームのデロイトトーマツコンサルティング(DTC)は入社までにTOEIC900点以上のスコアが求められるという話を聞きました。openworkにもTOEIC900点に言及されたクチコミがありますので、真実味はあります。

次に楽天です。

楽天は一般的にTOEICを早期から会社に取り入れた会社であることは有名ですが、選考時にはTOEICのスコアは求められません。(楽天HPより引用)しかし、入社までにTOEIC800点を取らなければ入社することができないという話は聞きます。

したがって、デロイトトーマツコンサルティング(DTC)や楽天などを志望される方は早い段階でTOEIC対策をすることをおすすめします。

TOEICを求められない企業であっても外資系コンサルティングファームや総合商社などの人気企業では選考を受ける学生のレベルが高いため(基本、TOEIC800以上)、その中で自分がどのように勝つかを考えてみるといいと思います。

TOEICのスコアは簡単に上げることができる

俺700点もスコアないYO。

TOEICなんてコスパ悪い草。

Mako.Press
Mako.Press

実はTOEICってめちゃくちゃコスパいい資格なんですよ

私は現在TOEIC800点以上のスコアを持っております。この800点以上のスコアを獲得するまでに3ヶ月弱で700点以上は4週間くらいで取ることができました。

私は英語が大の苦手で、一浪した時のセンター試験でも120点前後でした。このような私でもTOEICのスコアを短期間で伸ばすことができました。

下記の記事では再現性の高いTOEICのスコアを上げるための方法について解説しておりますのでコスパ良くスコアを上げたい方は読んでみて下さい。

まとめ

この記事をまとめると、TOEICは就活において必ずしも必要な資格ではありません。

但し、人気企業ではTOEICのスコアが高い学生が集まる傾向にありますので、自分がこのような学生とどのようにして勝つことができるのかを考えてみると良いと思います。

ガクチカに自信がないのであれば、TOEICを頑張るのもいいですし
ガクチカに自信があるならTOEICよりもガクチカの内容を磨いた方が良いはずです。

一方で、TOEICが入社時までに必要な会社も一部存在しますので志望する会社を研究することをおすすめします。

Mako.Press
Mako.Press

TOEICは勉強すれば簡単にスコアを取れる試験なので、今から勉強しても間に合いますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました