【悲報】TOEIC800点取れても英語を話すことができない件について

TOEIC

この記事では表題と通り、TOEIC800点取れても英語を話すことができない件について解説していきたいと思います。

私は就職活動中にTOEIC800点を獲得し、現在は海外法人と調整業務という英語が求められる部署で働く社会人になります。

Mako.Press
Mako.Press

私が英語に関して誤解していたことを本記事では共有していきたいと思います。

TOEICは新卒採用では有効に働く

皆さんがTOEICを頑張る理由は新卒就活や転職など様々な理由があると思います。

私の体験をもとにお話をすると、新卒採用においてはTOEICはやはり有効に働きます

エントリーシートや履歴書にTOEICのスコアの記載が求められる企業も少なくありません。 もちろん、TOEICのスコアが高ければ内定を獲得できるという安易な話ではないです。

TOEICのスコア以上に大切なものはたくさんあります。努力した経験や挑戦した経験など、いわゆるガクチカと呼ばれるものが新卒採用の主要な判断材料になっています。


とはいえ、仮にあなたが海外事業を積極展開するグローバルカンパニーで働きたいと思うのであれば確実にTOEICのスコアを上げておく必要はあります。

それは自分の主張を補強するための根拠として、TOEICの高スコアを持っておくという考え方です。

また、外資就活のTOEICに関するデータを参照すると、やはり人気企業へ内定している学生の平均値は非常に高いです。

コンサル・外銀・商社内定者のTOEICスコアから読み解く目標点【データで読み解くトップ就活 vol.01】


このようなデータを踏まえるとTOEICの対策はある程度しておいた方が良いと思います。

少なくともガクチカに誇れるものがない人はTOEICを勉強しておく価値はあるはずです。

TOEICはコツを掴めば余裕

先ほど述べたようにグローバルカンパニーに新卒で入社を試みる場合は、自分の主張を裏付けるためにTOEICのスコアを持っておいた方が良いです。

この記事を読んでくださるような方は既に何かしらのガクチカとなるような経験を積まれていると思います。 そのガクチカを使って内定を軽々と手に入れることができるかもしれません。

しかし、英語がネックで不安を募らせている方もいるはずです。

そのような方にお伝えしたいのは、TOEICは皆さんが思っている以上に攻略が簡単な試験であるということです。 しっかりと勉強できるだけの環境を作ることができれば短期間でハイスコアを取ることも可能です。

私自身もMARCH出身でセンター試験で英語が120点だった人間でしたが、3ヶ月弱で500点台から800点台まで引き上げることができました。

Mako.Press
Mako.Press

私以上の英語力がある方が多いと思いますので、さらにこの勉強期間を短縮することができると思います。

TOEICの方法論に関しては下記の2つの記事で詳しく解説しました。

英会話は総合力が求められる

TOEICの対策は比較的に容易に行うことができるとこれまで述べてきました。一方で、英会話を身につけるためには時間が掛かります。

TOEICと異なり、小手先のテクニックでは攻略することができないためです。英会話には英文法、語彙力、ストックしている英文の量など総合力が求められます。

新卒採用では面接中に英語対応を求められる企業は少ないと思います。しかし、長期的にグローバルカンパニーで働き続けていくことを考慮すると英会話は不可欠になってくると思います。

グローバルカンパニーでは英会話が必須要件

ここではGAFAの一角であるGoogle、Facebookのリンクトイン記載の求人を参照して英語の必要性を解説していきます。

Googleの求人にはTOEICのボーダースコアが記載されていません。その代わりに日常会話レベルやビジネスレベルの英会話など曖昧な要件が記載されています。

次にFacebookの求人について参照します。Googleと同様に英語要件がFacebookには求められており、Facebookに関しては母国語である日本語と同等レベルの英語力が求められていることが分かります。

つまり、新卒採用と異なり転職市場ではTOEICのスコア以上に英会話が求められるのです。

英会話を鍛えたいならDMM英会話

私自身、TOEICでハイスコアを取ることができましたが、業務で求められる英会話には付いていくことができていません。

そこで私はDMM英会話をスタートして現在進行形で学習しています。

DMM英会話を開始する前に他のオンライン英会話を試してきましたが、個人的にはDMM英会話を気に入って続けております。

詳しい内容については下記の記事で解説しました。

まとめ

新卒採用ではグローバルカンパニーを目指す場合、TOEICのスコアがある程度は必要である。一方で、転職市場ではTOEICのスコア以上に実践的な英会話が求められる。TOEICでハイスコアを獲得する以上に英会話を身につけるには時間がかかる。長期的にグローバルで勝負をしていきたい人はTOEICだけでなく英会話を勉強しておく必要がある。

以上がこの記事のまとめになります。

Mako.Press
Mako.Press

皆さんの意見も聞きたいのでぜひコメントしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました