【直前対策】TOEIC500点を650点に2週間(40時間)で上げる方法について、どのサイトよりも詳しく解説。

TOEIC

はじめに

この記事の対象となる人

この記事の対象者は、初歩的な文法知識・単語知識ができる人を前提としています。

具体的には、センター試験で英語の点数を6割〜7割近くを取ったことがある人。もちろん、数年間のブランクがあることも前提にしているので過去にセンター試験で上記の点数を取ったことがある人であれば可能です。

私自身は、マーチの1つの大学に浪人を経て入学し、TOEICの勉強は大学4年の就職活動の際に行ったため実質4年近くのブランクがありました。センター試験の点数は140点前後でした。TOEICに関しては、大学受験の時に受けたものを参考にしております。

こんな私でも、2週間でTOEICのスコアを525点から675点にまで上げることができました。

 

 

Mako.Press
Mako.Press

就活生の方はこちらの記事もおすすめです。

結論

TOEICのスコアを650点までに上げるためには、「TOEICの出題形式に慣れること」だけに時間を費やすことができれば2週間以内に達成することができます。

「TOEICができる=英語はできる」ではないです。

私はTOEICのスコアを825点持っていますが、全く外国人と話すことができませんし、会話を理解することもできません。そんな私でも短期間でTOEIC800点という就職活動中に評価をされるスコアを取ることが可能なのです。つまり、能力を上げるのに時間の掛かる英語であってもTOEICに関してのみその場しのぎの方法で乗り越えることができるのです。

では、TOEIC650点に向けた学習方法について具体的に述べていきます。

勉強を始める前に準備すること

勉強に必要な時間

2週間で少なくとも40時間の勉強時間が必要です。つまり、1日あたり少なくとも3時間は勉強時間の確保が不可欠です。この時間はあくまでTOEIC初学者向けの時間設定になりますので、これまでTOEICを受験したことがある人はこの時間よりも少ない時間でスコアを取ることはできます。

まずは、勉強を開始する前に40時間の時間を日常生活の中から確保することができるのかを改めて考えて下さい。

勉強に必要なマインド

時間の確保ができても、実際に勉強するためのモチベーションがないことには何も始まりません。

数年ぶりの勉強は苦しいものです。この苦しさを我慢できるだけの勉強する理由を見つけましょう。

  • 就職活動や転職活動に必要
  • 自分に誇れる資格がない
  • 将来のため

なんでもいいと思います。40時間頑張れるための目的を見つけましょう。

勉強に必要な3冊の参考書 

2週間でTOEICを650点までに上げるために必要な参考書は、3つしかありません。

2週間という限られた時間の中でこれらの参考書以外を行う必要な全くありません。複数の参考書に手を出すよりも同じ参考書を繰り返し演習することの方がTOEICの学習に関しては有効に働きます。

では、具体的に参考書について述べていきます。

新公式問題集(最新版)

新公式問題集は本番と同じ形式の模試が2回分ついている参考書です。現在、上記の画像の「公式TOEIClistening&reading問題集5」まで出版されているので、必ず最新の新公式問題集を買いましょう。

この参考書は、120分と長いTOEIC試験に慣れるために使用します。繰り返し演習することで、120分間集中する英語体力を養うこと試験の形式を体で理解することを目的とします。

TOEIC(R) L&Rテスト 直前の技術

TOEIC(R) L&Rテスト 直前の技術は、TOEICの攻略方法を全て網羅している数少ない参考書です。11日間で読了できる設計で記載されており、短期間で最高のパフォーマンスを発揮するためには必要な参考書と言えます。TOEIC初学者は必ず購入するべき本であることは間違いないです

この参考書を使用する理由は、前述したようにTOEICの攻略方法について記載されているため2週間と短期間でもスコアを大幅に上げることに適した参考書であるためです。

したがって、この参考書はTOEICの形式について頭で理解することを目的とします。

TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ

TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ) 、いわゆる「金フレ」と呼ばれる参考書です。この参考書はTOEIC頻出単語を網羅しており、勉強するだけでリーディングパートの読む速度を上げることができます。

ここには記載しましたが、金フレは2週間のカリキュラムの中には不可欠な参考書では無いです。時間に余力のある人が行うべき参考書で、650点以上のスコア、700点や800点を目指すことを前提に勉強を始めたい人は、必ず取り組みたい参考書となっています。

後述する金フレに関する記載は、余力のある人が行ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました