【高学歴向け】長期インターン紹介サイト、ユアターンの評判と特徴について

長期インターン

この記事では、長期インターンの紹介サイトとして有名なユアターンについて紹介していきます。

この記事を読むことで

  • 長期インターンを始めるための方法
  • 自分に適した長期インターンを探す方法
  • ユアターンとは何か

この3点について理解することができます。

したがって、

長期インターンに興味があるけど、どうやって探せばいいの?

学生時代に何かしら将来に活かせる経験を探している。

Mako.Press
Mako.Press

このような学生に向けた記事となっております。

この記事を書いている人

この記事を書いているMakoは現在大手IT企業で働く社会人2年目の会社員になります。

学生時代に長期インターンを頑張っていたおかげで、ガクチカに関しても全く困らず大手企業からの内定を勝ち取ることができました!

大手企業からの内定を勝ち取りたい学生から将来的に起業したい学生など、全ての視座の高い学生に私は長期インターンをおすすめしております。

長期インターンメリットについて
長期インターンシップ1年以上の経験者が語る、長期インターンをするメリットとは

ユアターンとは

ユアターンとは、東晶貿易株式会社が運営する長期インターンに特化した求人サイトになります。

東晶貿易株式会社について知らない方も多いと思われますが、DMMや東京テレビなどが入居している住友不動産六本木グランドタワーにオフィスを構えている、急成長中のベンチャー企業になっております。web系の会社で働いたことがある人ならば一度はこの会社名を聞いたことがあるはずです。

したがって、ユアターンは運営会社が安定していることから、「豊富な案件・安心なプラットフォーム」となっております。

ユアターン企業向けCM「ストレートトーク1:経営者向け」篇(20秒)

ユアターンの特徴

ある程度、視座の高い学生は思うはずです。

ぶっちゃけ、求人サイトってどこも同じじゃね?

わざわざ、ユアターンで応募するメリットってあるの?

Mako.Press
Mako.Press

このような疑問を解決すべく、

今からユアターンの特徴について解説していきます。

私は以前の記事で、長期インターンはWantedlyやTwitterで探すことをおすすめしておりました。それは、案件の数が一般的な長期インターンの求人サイトと比べ物にならないほどあるためです。

しかし、長期インターン先の選び方が分からない方は、ユアターンなどの長期インターンに特化した求人サイトを活用するか、知り合いの詳しい人に連絡するなどの方法が好ましいと思います。

Mako.Press
Mako.Press

では、ユアターンの特徴についてみていきましょう!

長期インターンの探し方について
おすすめできない会社・長期インターンの探し方

適職診断が受けられる

1つ目の特徴は、適職診断を受けることができる点にあります。

15個の質問に答えることで自分に適した職種の案件をおすすめしてくれるものになります。1〜2分で終わる診断なので手軽にできることも良い点です。

ちなみに、私の診断結果は下記の通りでした。

「アシスタント」という私の適職、あながち間違っていないと思います。

私の現在の仕事はプロジェクトマネジメントというプロジェクトの調整業務なのですが、広義ではアシスタント業務と言えるので合ってるのではないでしょうか。

Mako.Press
Mako.Press

長期インターンの求人を応募しない方もぜひ一度やってみる価値はあると思います!

長期インターンの選び方を相談できる

2点目の特徴は、長期インターンの探し方を無料でインターン生がサポートしてくれるというものです。

初めて長期インターンを始めようとしている学生には、このサポートは嬉しいはずです。

長期インターンを探すためのノウハウを持っている方からアドバイスをもらうことができるのは、ユアターンならでは強みとなっております。せっかく、長期インターンを始めるのなら自分にとって最適な会社を見つけてから始めた方が絶対に良いです!

Mako.Press
Mako.Press

Wantedlyなどの量重視の求人サイトではなかなか実現することができないメリットですね!

質の高い求人が掲載されている

最後の特徴は、質の高い求人が掲載されていることになります。

上記のように、年収1000万円をインターン生で目指せるような長期インターンの募集もユアターンには存在します。この求人の他にも、急成長中のベンチャー企業での求人など質の高い求人が多く掲載されています。

ユアターンが長期インターンの求人に特化しているならではのメリットだと思います。

ユアターンをおすすめする学生

これまで述べてきたユアターンの特徴を踏まえて、「どのような学生がユアターンを利用すべきなのか」について紹介をしていきたいと思います。

  • 大学1年生から3年生
  • 大学院1年生
  • ある程度の地頭がある
  • 大手企業・独立に憧れる
  • 長期インターンをしたことがない

長期インターンは、早い時期から始めた方が良いです。私は大学3年生から長期インターンを始めたのですが、スキルを身につけたいのであれば大学1年生や2年生から始めた方が良いと思います。

また、長期インターンを応募している学生は高学歴の学生が多いことから、長期インターンを目指す上である程度の地頭が求められます。社会人と違和感なく会話をするために、この要素は不可欠です。

長期インターンの経験は、言わずもがな就職活動、強いては起業する際に必ず役立ちます。したがって、キャリアに関心がある学生にもおすすめです。

ユアターンの評判について

最後に、Twitterでのユアターンの評判について紹介していきたいと思います。

以上のように、ユアターンに関する評判は良いものが大部分を占めております。

ぜひ、興味のある方はユアターンを始めてみましょう!

就活相談行っています!

このブログ、マコプレスでは就活相談をオンラインで行っております。

就活エージェントとは異なり、完全に趣味で就活相談を行っています笑

なかなか面接が上手くできない。

何から手をつければいいのか分からない。

Mako.Press
Mako.Press

このような方に特におすすめします。

私自身、これまで数多くの学生から就活相談を受けてきた経験がありますので対応できる相談は広いと思っております。同時で、私は学生時代に多くの社会人とOB訪問をしてきたので、学生・社会人、2つの視点で相談に乗ることができます。

なお、過去に相談をした学生の内定先は下記の通りです。

  • 富士通
  • NTTデータ
  • 楽天
  • KDDI
  • アクセンチュア

私がIT系の会社で働いていることから、学生さんの内定先はIT業界が多くなっております。

Mako.Press
Mako.Press

なお、最近お問い合わせが増えておりますので、時期によっては対応できかねることがございます。

コメント

たった30秒であなたの就活状況の解決策が分かる!
詳細はコチラ
たった30秒であなたの就活状況の解決策が分かる!
詳細はコチラ
タイトルとURLをコピーしました