これからの就活に欠かせない!Utsuさんが提唱する人生の目的とは何か?概要から見つけ方まで解説します。

人生の目的

この記事では、アフィリエイトリンクを一切使用しておりません。
したがって、第三者などへの忖度などは一切ありません。

この記事では、人気就活Youtuber、Utsuさんこと宇都宮隆二さんがYoutube上で就活生に向けて提唱する「人生の目的」について解説していきます。

 

 

この記事を読むことで

・人生の目的についての概要
・就活において人生の目的を行う意味
・人生の目的の見つけ方

が理解できるようになります。

 

 

就職活動中の大学生これから転職を考えている社会人の方には確実に有益となる内容になっておりますので最後まで読んでいただけたら幸いです。

 

 

この記事を書いていくために下記を参考にさせていただきました。
「人生の目的」を気になった方はぜひ下記のリンクをご覧ください。

人生の目的論
人生の目的論まとめ(Utsuさんブログより引用)

Utsuさん(宇都宮隆二さん)とは

まず、「人生の目的」を提唱するUtsuさんこと宇都宮隆二さんについての簡単な説明をしていきます。

Amazonの著者情報をもとに説明していくと、世界的なIT企業であるSAPでパートナー本部長として活躍したのちにYoutuberとしてキャリア関連の動画を配信している方になります。現在は地元愛媛県にて、新たに事業を立ち上げる準備をしている実業家とサラリーマンの2つの経験を持たれる方になります。

1976年愛媛県南宇和郡愛南町生まれの実業家。
SAP日本法人で中堅規模市場とパートナー部門の責任者(パートナー本部 本部長)を務めた後、独立し、現在は外資系企業の日本進出支援のコンサルティング業を行っている。長く日本のIT業界に携わってきた知見とノウハウを活かし、「日本の若者の地力を上げたい」をスローガンに2017年からYouTubeにて主に若者の地力を上げるコンテンツを配信している。

Amazon著者情報より引用

 

 

現在は、UtsuさんはInstagramYoutubeとメインに情報発信をしているので気になる方は参照ください。

Instagram
YouTube
Utsuさんブログ

人生の目的とは

人生の目的とは、モチベーションの源泉となるものであり、向かうべき方向や不変の価値観のようなものと人生の目的論では定義されています。

別の表現をするならば、会社のミッションビジョンバリューを個人に変換した、「会社のミッション」に当たるものが人生の目的になります。会社のビジョンは「ありたい姿」、バリューは「価値観や行動指針」に変換されることになります。

「人生の目的論」をもとに作成

ミッションについてイメージを掴むために、Googleのミッション・ビジョン・バリューを見てみましょう。Googleのミッション・ビジョン・バリューは下記のようになっております。

 

 

Google Mission Statement

Organize the world’s information and make it universally accessible and useful
(世界の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにする)

Google Vision Statement

To provide access to the world’s information in one click
(ワンクリックで世界の情報へのアクセスを提供するため)

Google Values

Great isn’t good enough.(素晴らしいだけでは不十分。)
Focus on the user, all else will follow.(ユーザーに焦点を合わせると他のすべてが続く。)
It’s best to do one thing really well.(1つのことを本当にうまくやることが最善。)
Fast is better than slow.(速いより遅い方がいいです。)
Democracy on the web works.(ウェブ上の民主主義は機能します。)
You can make money without doing evil.(悪を行うことなくお金を稼ぐ。)
There’s always more information.(常により多くの情報があります。)
The need for information crosses all bor(情報の必要性はすべての境界を越える)
You can be serious without a suit.(スーツなしで真剣になることができます。)
You don’t need to be at your desk(デスクにいる必要はありません)

Google Mission, Vision & Values | Comparablyより引用

 

 

Googleのミッション・ビジョン・バリューを読むことで、それぞれの意味をは掴めたでしょうか。

 

 

Utsuさんはこのミッション・ビジョン・バリューを1人1人が持つことで、周りに流されない唯一無二の人材になることができると述べています。加えて、自分のモチベーションの源泉がミッションとなっているために仕事に夢中になることができる。夢中になれる仕事であるため、結果を出すことができる。したがって、「人生の目的」は就職活動中の人には不可欠なものとなり得るのです。

以上の理由から私は就職活動中に人生の目的を行べきであると思います。

 

 

人生の目的を持つことで、会社選びがゴールではなく手段として考えることができるようになりますので、会社選びで迷っている方は一度人生の目的を考えてみると良いかも知れません。

人生の目的を持つと、業界選び・企業選びについての悩みを持つ心配も無くなりますので、就職活動が本格的に開始する前の時期から人生の目的を考えることをオススメします。私は内定後に行いましたので、下記のような経験をすることになりました。

人生の目的:見つけ方

人生の目的についての簡単な概要について紹介をしましたので、次に人生の目的を見つけるためには具体的にどうすれば良いのかについて解説していきます。

 

 

下記の図を見て頂くと分かりますが、人生の目的を決めることは自分が進むべき方向を決めることになります。したがって、人生の目的を見つけるということは他の方向を捨てるということになります。逆を言えば、既に人生の目的ではない方向に向かってしまった人は人生の目的への方向に向かうためには時間がかかるということを前提として理解しておきましょう。

「人生の目的論」をもとに作成

 

 

人生の目的を見つけるための方法は非常にシンプルです。

 

 

人生の目的論でUtsuさんが実際に記載している内容は下記の通りになります。

(1)50枚の紙に分散する事象を、共通点で括ります。(最低でも2週間考える)
(2)共通点を「仮説レベル1」として括ります。
(3)50枚の紙から、もしくは記述していなかった事象から、何個も同様のエピソードがあるか?それを何らかの軸でまとめなおせるか?
(4)「仮説レベル2」として括ります
(5)①〜④の工程を、全ての共通点に対して行います。
(6)決定的事象を、自分の渇望も交えて見つけます。
(7)結論として1つの短い文章にします。
(8)結論を検証する

人生の目的論(Utsuさん)

 

 

このUtsuさんの内容を私なりに解釈して説明すると以下のようになります。

①過去の経験を紙にひたすら書き出す(過去のアーカイブ)
②紙に書き出した経験をグルーピングする
③グルーピングした内容をさらにグルーピングする
④最終的に2〜3つの抽象化された内容から自身の渇望を軸に1つ選択する
⑤結論を検証する

図解すると以下のようになります。

「人生の目的論」をもとに作成

共通点のないカオスな過去の経験を紙に書き(過去のアーカイブ)、共通点を見つけて整理する(グルーピング)。整理されることで1つレイヤーの上がった事象をさらに1つレイヤーを上がるために共通点を見つけていく(グルーピング)。

そして、最終的に数個の抽象度の高い事象から渇望を軸に1つを確定させる。この確定させた1つの項目を検証する。

以上が人生の目的の見つけ方になります。

 

 

具体的に「人生の目的」の方法について知りたい方は「人生の目的論」の書籍を買うか下記のリンクを参照してみてください。

人生の目的論まとめ(Utsuさんブログ)
人生の目的論

人生の目的探しと並行して行うこと

人生の目的を探すためには、過去の経験をアーカイブするだけではダメです

アーカイブしていく過程で、社会・経済についての教養を身につけなければなりません。

この作業を行わないと、人生の目的を探すための判断材料が不足してしまいます。人生の目的はあくまで個人のミッションであるため、社会に軸が向いていなければなりません。社会に軸足を向けるためには社会・経済についての教養が不可欠になります。

 

 

Utsuさんは社会・経済についての教養を身につけるために新聞を読むことを推奨しております。私は新聞を読むことに加えて、実際に長期インターンなどを通してビジネスに触れる経験やOB訪問などで社会人から話を聞く経験が必要であると思います。

 

 

「人生の目的」と並行して行うべきアクションプランについては下記の記事で解説しました。

最後に

これまで人生の目的について具体的に述べてきました。私は昨年度に上記の手順で人生の目的を作成しました。私が実際にどのように人生の目的に取り組んだのかについては下記の記事に記載しましたのでご参照ください。

 

 

人生の目的を探すことは時間と体力を使う非常に大変な作業になります。しかし、社会人生活が始まる前に自分の方向性を決めておくことは大変価値はある作業であると思います。

この記事を読んで下さっている読者さんはワンランク上を目指したい優秀な方です。このような方々にこそ人生の目的を探すことは必要で、人生の目的によってあなたの人生を、将来的には社会をより良くすることができたら素晴らしい社会になるに違いないと思います。

 

Mako.Press
Mako.Press

この記事に関して、私に関して、何かご質問やご不明点がございましたらご遠慮なく質問して下さい。
皆様からの反応は私のブログ活動の大きな活力となりますので、ぜひお待ちしております。を入力してください。

コメント

  1. 匿名 より:

    非常に読みやすい記事でした。
    ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました