【22卒向け就活アプリまとめ】そのアプリで大丈夫?内定が欲しいなら「まず」コレを使おう!

22卒向け

この記事には、アフィリエイトリンクを一切使用しておりません。
したがって、第三者などへの忖度などは一切ありません。

22卒向け就活サイト・アプリを徹底解説!

今回の記事は、私が20卒の就職活動中に使用してきた就活アプリをおすすめ度使用時期使った感想など3つの項目からまとめてみました。

この記事を読むことで、これから就職活動を始める人は
どのアプリを、どの時期に、どういった用途で使うべきなのか」を理解することができます。

本題に入る前に私に関して説明します。私は20卒の就職活動をして、4月から大手企業で働くことが決まっている学生です。就職活動中は、外資コンサルからメガベンチャーなど幅広い会社の選考を受け、有難いことに3社から内定を頂くことができました。ちなみに、学生時代には新卒向け就活サービスの会社で長期インターンをしたこともありますので、一般的な学生よりも新卒向けのサービスには詳しい自信はあります。

以下がこの記事の結論になります。

サービス名      おすすめ度

ワンキャリア     ★★★★★
外資就活ドットコム  ★★★☆☆
マッチャー      ★★★★★
ビズリーチキャンパス ★★★★☆
ニクリーチ      ★★★★☆
OfferBox       ★★★★☆
マイナビ       ★★★☆☆
リクナビ       ★★☆☆☆

4~7月:サマーインターンシップが開始するまでの期間

ワンキャリア/ONE CAREER

おすすめ度 ★★★★★

使用用途:就職活動の基礎知識を網羅することができます。各企業の選考対策から体験談まで知ることができるため就職活動序盤の学生にとっては「企業研究の初めの一歩」として優れています。メディア上のコラム記事は就職活動やキャリアを考えるためのモチベーションを喚起する手段として機能しています。

感想:ワンキャリアは3月の就職活動が解禁されるまでずっと使っていました。応募状況を一目で把握することができ、スケージュール管理がしやすいです。ワンキャリアオリジナルのイベントも複数あり、ワンキャリに目を通しておけば、情報の面で遅れることはないです。また、ワンキャリア主催の内定者懇親会は行く必要ないです。

外資就活ドットコム

おすすめ度 ★★★☆☆

使用用途:ワンキャリア同様に「企業研究の初めの一歩」として優れています。みん就のようなスレッドが存在し選考業況を知る上では有益です。少なくともみん就よりは機能しています。

感想:ワンキャリアよりも難関企業を目指している学生向けのメディアです。コラムや学生の中には選民思想が強い要素があります。自分に能力があってトップティアを目指すことができる学生ややりたいこと・ありたい姿がトップティアにある人にとっては非常に優れたメディアです。裏を返せば、人を選ぶメディアでもあります。

大まかな志望企業の軸が定まってから

OB訪問アプリ

Matcher(マッチャー)

おすすめ度 ★★★★★

使用用途:自分で考えた軸を検証する・企業分析のためのファクトを集めるために社会人と会うツール。所属大学以外の社会人の方とも会うことができる点がMatcherの強みです。

感想:物凄くおすすめなアプリです。私は就職活動後半の冬から使い始めましたが、夏から使っておけば良かったと後悔しています。自分の軸を検証するための手段としてはピカイチです。一方で、企業側からのスカウトメールが多いのでその点は留意しておきましょう。

ビズリーチ・キャンパス

おすすめ度 ★★★★☆

使用用途:自分で考えた軸を検証する・企業分析のためのファクトを集めるために社会人と会うツールです。マーチ以上の学生が使用することができるアプリであることがこのアプリの強みです。マーチ以上の学生はこのアプリを使って損はないです。Matcherとの違いは所属大学の社会人にしか会うことができない点になります。

感想:社会人の数が学生と比較して少ないためにマッチングの確率がMatcherと比較して低いです。そのため、早い時期から開始することをオススメします。また、同じ大学の先輩であるために話が弾む、リクルーターを期待することができます。

逆求人サービス

下記で紹介する逆求人サービスに含まれないものは正直あまり良くないです。

人材を確保することができない、人気のない企業を学生に流しているだけの場合が往往にしてあるためです。そのため、下記以外のサービスや就職活動終盤(人手が足りない企業が多い)の逆求人サービスのスカウトは基本的に断ることを推奨します

ニクリーチ

おすすめ度 ★★★★☆

使用用途:簡単なプロフィールを記載して、あとは「待つだけで」企業から食事のオファーがくるサービスです。スカウトの中にはお肉のないスカウトも多々存在するため吟味が不可欠。社会人と話す機会を得るため、気がつかない事業領域や業界を発見するために利用しましょう。

感想:このサービスのおかげで金欠時の食費は救われました(笑) ベンチャー企業が中心であるがビザスクなどのイケている企業が多い印象を受けた。ニクリーチの運営会社がビズリーチであるため、イケている企業のイベント案内がたまに来ます。

追記:ニクリーチのサービス終了について

このたび、ニクリーチは2020年7月31日をもって
サービスの提供を終了することとなりました。
ニクリーチは2015年にリリースして以来、多くの皆様にご利用いただき、2020年3月時点での累計登録学生数は130,000名以上になります。
これまでニクリーチをご利用いただきましたすべての皆様に、改めて御礼申し上げますとともに、サービス提供終了によりご迷惑をおかけすることをお詫び申し上げます。

ニクリーチHP

OfferBox

おすすめ度 ★★★★☆

使用用途:簡単なプロフィールを記載して、あとは「待つだけで」企業からオファーがくるサービスです。ニクリーチとの相違点は食事付きのオファーはなく、大手企業からのスカウトも多数存在する点にあります。

感想:インストールしておいて損はないサービスです。OfferBoxからのスカウトで特別選考に乗ることができたのでその際はお世話になりました。

エントリー解禁後:今年は3月〜

大手求人媒体


企業の網羅性が非常に高いがゆえに企業研究する上では不向きです。また、大手求人媒体なだけであってターゲットが解禁時に動き出す学生全般であるため、意識高く動いている学生にとっては正直必要ないサービスです。彼らには先述したワンキャリア、外資就活ドットコムを推奨します。

マイナビ

おすすめ度 ★★★☆☆

使用用途:一括エントリーを容易にするためのツールです。就職活動が解禁された後から使うことをオススメします。企業の網羅性は非常に高いです。

感想:良くも悪くもないサービスで、私は焦って複数社エントリーをしたためにその後メールがたくさんきました(笑)数社しかエントリーしない人や外資企業・ベンチャー企業を志望している学生には必要がないサービスと言えます。

リクナビ

おすすめ度 ★★☆☆☆

使用用途:一括エントリーを容易にするためのツールです。就職活動が解禁された後から使うことをオススメします。企業の網羅性は非常に高いです。

感想:リクナビの方がマイナビよりも一括エントリーできる企業が少ない。二度手間でマイページを作らなければならないことがあったのでマイナビを私はオススメします。

まとめ

以上が私が使ってきたサービスで特にオススメできるサービスになります。

ご紹介したサービスの中で興味を持ったアプリから始めてみることをオススメします。就職活動はいかに自分に必要な情報を集めて検証したかで納得感のある就職活動を行うことができます。納得内定を目指すためにも「まずは一歩」踏み出してみましょう!

この記事でご紹介したサービスはこれから就職活動を始める人に向けたものになっていますので、すでにバリバリ就活している人向けではありません。その点をご了承頂ければ幸いです。したがって、この記事で紹介していないサービスが良くないという訳では決してありません。

Mako.Press
Mako.Press

この記事に関して、私に関して、何かご質問やご不明点がございましたらご遠慮なく質問して下さい。
皆様からの反応は私のブログ活動の大きな活力となりますので、ぜひお待ちしております。を入力してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました