【Webテスト】SPIテスティングサービスがエラーになった時の対処法

22卒向け
この記事は約3分で読めます。

はじめに

SPIテスティングサービスとは

そもそも、SPIテスティングサービスとは「http://arorua.net/ 」から始まるURLのWebテストがSPIテスティングサービスになります。

【必見】主要webテストの5種類の見分け方

実施企業はヤフー、ソニー、NTTデータ、日本銀行、LVMHグループ(ルイ・ヴィトン モエヘネシーグループ)などが代表的な企業になります。SPIテスティングは玉手箱形式のwebテストよりも実施企業は少ない印象です。

今回はこのSPIテスティングサービスについて述べていきます。

SPIテスティングサービスがエラーになった時の対処法

先日、SPIテスティングサービス(以下テスティング)をしていたら下記の症状になりました。

受検が途中で中断されたため、現在受検できない状態です。
受検の再開については、WEBテストヘルプデスクまでお問い合せください。
TEL:0570-012921(土日祝日含む 9:00~18:00) (00061)

今回はこの状況になった場合の対処法についてお伝えしていきます。

この記事を書いた趣旨

私は就職活動中にこのエラーが生じた際にグーグルで対処方法を調べましたが対処法について記載されているサイトが見つかりませんでした。WEBテストの締め切り間近でかなり焦ったと覚えております。

この時の経験から、私と同じようなエラーで悩んでいる人は少なからず存在すると考え、対処方法について実体験をもとにまとめてみました。

上述したようにテスティングを実施している企業は玉手箱ほどではありませんが多いので参考になって頂けますと幸いです。

対処法

SPIテスティングサービスがエラーになった時の対処法は大きく2つあります。2つの項目についてそれぞれ詳しく解説していきます。

  1. SPIテスティングサービス提供企業へ電話をする
  2. 受験企業へ連絡をする

1.SPIテスティングサービス提供企業へ電話をする

1点目は、SPIテスティングサービス提供企業へ電話をすることになります。

電話番号とお問い合わせ時間は下記の通りになります。私は下記の方法から実際にお問い合わせをして、テスト再開することに成功しました。

TEL:0570-012921(土日祝日含む 9:00~18:00)

2.受験企業へ連絡をする

2点目は、受験企業へ連絡をすることにです。

テストの期限がギリギリの状態でこのエラーが生じてしまった場合は素直に受験企業へ連絡をしましょう。 マイページに連絡フォームを設けている企業が大多数であるはずなので、連絡フォームから連絡をしましょう。

数日以内に会社から返事が送られて、テストの再受験の機会を得ることができます。

下記の内容を参考にして企業に受験期間の延長をお願いすれば応えてくれます。
私もこの症状に以前なった際に企業さんにお願いして1週間期間を延ばしてもらいました。 (その節は本当にありがとうございます。)

受検が途中で中断されたため、現在受検できない状態です。
受検の再開については、WEBテストヘルプデスクまでお問い合せください。
TEL:0570-012921(土日祝日含む 9:00~18:00) (00061)

コールセンターが対応時間外で締め切り間近の場合でも落ち着いて対処しましょう。
理由を言えば必ず延長期間を設けてもらえます。

SPIおすすめの参考書について

最後に私が就職活動中に購入して非常に有益だと感じた参考書について触れておきます。

トップティア就活を目指す方は必ず購入した方が良いと思いますので、ぜひ参考程度に確認しておいてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました